アレルギー性鼻炎と上手に付き合う┃シッカリ対策を行って健康体

青汁の飲み方

青汁の効果的な飲み方とは

青汁は豊富な栄養素が含まれていますが、特に代表的な原料であるケールは、ビタミンやカルシウム、ミネラル、そして抗酸化物質であるルテインが他の緑黄色野菜をはるかに上回って入っているため、免疫力を高める効果が期待できます。だからと言ってたくさん飲めばいいというものではなく、飲みすぎると栄養の過剰摂取になってしまいます。毎日一杯を長く続けることが大切です。また、ダイエットが目的なら食前に飲んで食べ過ぎを抑えることができますし、便秘の解消なら朝起きてすぐや寝る前などに飲めば食物繊維がより効果を発揮するでしょう。

味にクセのあるケール

栄養素や食物繊維が豊富に含まれ、青汁の元祖といわれるケールですが、一番の難点はその味ではないでしょうか。ケールは、アブラナ科の食物でキャベツやブロッコリーの原種にあたり、年中栽培することができるために青汁の原料として注目されました。かつてコマーシャルで「まずい」と宣伝して逆に評判になったように、ケールには味に独特のクセと苦みがあります。この味を何とかするために、ハチミツやレモン汁を加えて飲むのが良い方法です。栄養価の高い青汁ですが、ハチミツやレモン汁を加えることで飲みやすくなるだけでなく、足りないビタミン類を補い、さらに栄養の吸収率を上げることができます。最近ではサプリメントタイプのものも出てきていますが、自分で他の野菜とブレンドして工夫すると、意外な発見があって楽しいかもしれません。

This template downloaded form free website templates